新潟に発熱外来・PCR検査一体施設 6月1日開設

©株式会社新潟日報社

 新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、新潟県は25日、新潟市内の医療機関に「新潟市医師会新型コロナ相談外来」を6月1日に開設すると発表した。感染の疑いがある人を専門的に診る「発熱外来」と検体採取をする「PCR検査センター」を一体化させ、診療の効率化や医療従事者の感染リスク低減につなげる。

 新型コロナ相談外来は月~金曜の午前9時から正午まで開設する。対象は発熱や呼吸器症状など感染を疑う症状がある人のうち、症状が比較的軽い人。かかりつけ医の紹介による予約制とし、当面は1日20人程度を受け入れる。県が新潟市医師会に運営を委託する。場所は非公表。

 診察や検体採取は屋外で車に乗ったまま行う「ドライブスルー方式」とし、会場に置かれたパソコン画面を通じ、医師がオンライン診療をする。所要時間は10分ほど。検体は民間検査機関に送る。

 県福祉保健部の松本晴樹部長は「医師の診断と検体採取を同時に行うことで、診療の効率化や感染が広がるリスクが小さくなる。新潟市周辺の検査能力も飛躍的に伸びる」と話した。