コロナ給付金申請は120万件超

中小支援、6000億円支給済み

©一般社団法人共同通信社

経産省が開設した「持続化給付金」インターネット申請の受付画面

 梶山弘志経済産業相は26日の記者会見で、新型コロナウイルス対策として中小企業などを支援する「持続化給付金」の申請が、25日までに120万件以上あったことを明らかにした。うち約46万件、6千億円を既に支給したという。

 持続化給付金は、新型コロナの影響で収入が半減した中小企業に最大200万円、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円を手当てする制度。今月1日から申請を受け付けている。

 梶山氏は「引き続き事業者の資金ニーズにしっかりと対応してまいりたい」と強調した。