米兵ら2人を書類送検へ、沖縄

北谷の両替所強盗事件

©一般社団法人共同通信社

 沖縄県北谷町の両替所で2人組が現金を奪った強盗事件で、県警は26日、強盗などの疑いで、米軍嘉手納基地(嘉手納町など)に勤務する米兵ら2人を書類送検する方針を固めた。

 嘉手納基地によると、2人は日米地位協定上の身分がある軍属と陸軍兵で、同基地は2人を容疑者として、県警の捜査に協力。県警が任意で事情を聴いていた。日米地位協定は、米側が先に容疑者を拘束した場合、起訴されるまで米側が身柄を拘束すると規定している。

 事件は12日午後発生。男2人が入店し、従業員を刃物のようなもので脅し、現金を奪って立ち去った。被害額は約200万円と約4万6千ドル(約490万円)。