オリックス紅白戦で開幕投手バトル! 山本は152キロで2回ゼロ封、山岡は2回1失点

©株式会社Creative2

オリックス・山本由伸【写真:荒川祐史】

オリックスの紅白戦で山本は2回1安打無失点、山岡は2回3安打1失点だった

オリックスの山岡泰輔、山本由伸両投手が26日、京セラドームで行われた7イニング制の紅白戦で先発。山岡は2回3安打1失点、山本は2回1安打無失点と6月19日の開幕へ順調な調整を見せた。

紅組先発の山本は150キロを超える直球を武器に攻めた。初回2死から吉田正を152キロの直球でつまらせて投ゴロ。2回は先頭・ジョーンズに中越え二塁打を許したが、ロドリゲス、太田と2者連続で空振り三振。杉本を遊ゴロに抑えた。

白組先発の山岡は初回に福田周の遊撃内野安打と二盗などで1死三塁のピンチを招き、勝俣の二塁強襲適時打で先取点を献上した。2回は先頭・西村の右越え三塁打でピンチを招いたが、小田、若月を三振に仕留めるなど無失点に抑えた。(Full-Count編集部)