鷹ムーア、紅白戦先発も2回5失点… 高谷に3ラン浴びるなど7安打許す

©株式会社Creative2

ソフトバンクのマット・ムーア【写真:藤浦一都】

初回に3連打で失点すると、4回には3ランなどで4点失う

ソフトバンクのマット・ムーア投手が26日、本拠地PayPayドームでの紅白戦に登板し、2回5失点と炎上した。25日に再開された紅白戦。白組の先発マウンドに上がったムーアだが、いきなり3連打を浴びるなど、2回を投げて7安打5失点だった。

初回先頭の周東に左前安打を浴びると、今宮、上林にも連打を許して失点。2回には明石、柳町に安打を許し、高谷には右翼ホームランテラス席へ3ランを被弾した。さらに今宮に適時二塁打を許して、この回は大量4点を失った。

今季、ソフトバンクに加入したムーア。オープン戦ではメジャーで2度2桁勝利をマークした実績通りの好投を見せていたが、新型コロナウイルスの感染拡大で開幕は延期に。慣れない異国の地で自粛期間を過ごすことになり、その影響が少なからずあったのかもしれない。(Full-Count編集部)