羽田空港ターミナル間連絡バス、大幅減便 6月1日から20分間隔に

©Traicy Japan Inc,

羽田空港を運営する日本空港ビルデングと東京国際空港ターミナルは、空港ターミナル間の無料連絡バスを6月1日から減便する。1時間あたりの運行本数は3本となる。

対象は第1ターミナル~第2ターミナル~第3ターミナル間を運行する「Aルート」で、6月1日以降、20分間隔での運行となる。運行時間は午前5時から翌午前0時まで。通常は4分間隔で運行しており、3月18日からは8分間隔に減便していた。

第1ターミナル〜第2ターミナル間の「Bルート」および、深夜に第2ターミナル~第3ターミナル間を運行する「Cルート」は、当面の間運休を継続する。

なお、ターミナル間の乗り継ぎ客には、京急線および東京モノレールの第1ターミナル〜第3ターミナル間、第2ターミナル〜第3ターミナル間で利用できる無料乗車票を配布している。