夜間巡回車の2人が死亡

新潟・関越道、内部で異臭

©一般社団法人共同通信社

 26日午前6時半ごろ、新潟県上越市中郷区市屋の関越自動車道上越線で、舗装工事の夜間巡回のワゴン車が路上に止まり、車内で上越市東中島、会社員若井智子さん(34)と同市南新町、会社員布施信作さん(73)がぐったりしているのを同僚が発見、119番した。2人は病院に運ばれ、死亡が確認された。

 妙高署によると、若井さんが運転席、布施さんが助手席にいた。いずれも外傷はなかった。車内で異臭がしており、死因を調べている。車の後部には電力供給用バッテリーが装備されていた。

 25日夕から26日朝にかけ、舗装工事の夜間巡回の仕事をしていた。