『ひまわり 50周年HDレストア版』の新たな公開日が6/1(月)に決定

©株式会社近代映画社

当初2020年5月1日より公開を予定していたものの、新型コロナウイルス感染防止対策のため公開を延期していた『ひまわり 50周年HDレストア版』の新たな公開日が決定。6月1日(月)より全国順次公開される。さらに著名人からのコメントも到着した。

夏木マリ、井上順らから熱い期待コメントが到着

イタリアを代表する名優ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニが競演し、日本でも大ヒットを記録した不朽の名作『ひまわり』。今年その50周年を迎えるのを記念し、“50周年HDレストア版”として公開される。

本作は、『靴みがき』(46)、『自転車泥棒』(48)などで知られるネオレアリズモの名匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督が、互いに思いながらも戦争によって引き裂かれた夫婦の姿を、ヘンリー・マンシーニによるあまりにも有名な甘く切ないテーマ曲に乗せて描き出す悲しき愛の物語。

1970年、ハリウッド大作がひしめく中で公開された本作は、当時イタリア映画として異例の大ヒットを遂げ、同年の日本洋画興行ランキングで5位を記録。以来、何度も劇場公開され、そのたびに映画ファンの心をつかんできた。

イタリア本国でもオリジナルネガが消失しているためポジフィルムしか存在しない本作は、2011年、2015年に続き今回3回目の修復を日本で行い、現時点で世界最高の状態となってスクリーンに帰ってくる。

このたびの公開に際して、以前から『ひまわり』の大ファンだという著名人からコメントが続々到着。夏木マリさんは「私も何度観たことだろう ラストはいつも涙…」、俳優でエンタテイナーの井上順さんは「切なくも甘い、レトロな愛にまたしても しびれた」と、不朽の名作の復刻に期待を寄せている。

そのほか、華道家の假屋崎省吾さん、ファッションデザイナーの桂由美さんといったアート界の方々からも、絶賛の声が届いている。

著名人からの推奨コメント

夏木マリ
これまで何度か修復された名画
私も何度観たことだろう
ラストはいつも涙.......
V.デシーカ、ソフィア.ローレン、M.マストロヤンニ、H.マンシーニの顔ぶれは
圧巻であり、何時も愛と事実と平和を教えられる
今回のHDレストア版が待ち遠しい......

井上順(俳優・エンタテイナー)
情熱の魂、ソフィア・ローレンと哀愁たっぷりマストロヤンニが帰ってきた!!
切なくも甘い、レトロな愛にまたしても しびれた。
”Viva, ソフィア&マルチェロ”

仮屋崎省吾(華道家)
見はるかす輝くばかりのひまわり畑
ヘンリー・マンシーニの哀愁に満ちた旋律に思わず心はわしづかみにされる
愛という希望と戦争という絶望 時代を超越して燦然と輝く映画史上最高の金字塔が、今、新鮮さをもって甦った
さぁ、見逃してはならぬ

桂由美(ファッションデザイナー)
ソフィア・ローレンがひたむきに一人の男を愛する女の美しさを見事に演じています。
ニューヨークでのインタビューで彼女が私に語った「愛があれば何でも出来る」の一言が今懐かしく想い出されます。

ひまわり 50周年HDレストア版
2020年6月1日(月)より全国順次公開
配給:アンプラグド 
© 1970 – COMPAGNIA CINEMATOGRAFICA CHAMPION(IT) – FILMS CONCORDIA(FR) – SURF FILM SRL, ALL RIGHTS RESERVED.