新型コロナウイルス感染症とこころのケア

©株式会社VOTE FOR

外出自粛や休業、休校等普段と同じ生活が送れないことで、こころや体の調子が崩れていませんか?
・イライラ、そわそわ気持ちが落ち着かなくなる
・孤独感や無力感を感じる
・物音に敏感になる等 恐怖感・不安感におそわれる
・日常生活のリズムが乱れる疲れがとれない、眠れない、朝早く目が覚める、吐き気・食欲不振・胃痛・下痢・便秘等が起きやすくなる 等
こうした反応は「誰にでも起こりうる自然な反応」ですが、長引くことで不調のきっかけになることもあります。

■~こころと体の健康を保つために自分でできること~
(1)規則正しい生活を送りましょう。
・朝は決まった時間に起きましょう。
・バランスの取れた食事を心掛け、免疫力を高めましょう。お酒やコーヒー、エナジードリンク等、カフェインの取り過ぎに注意をしましょう。
・疲れをとるために睡眠を十分に取りましょう。寝る前のスマートフォンの使用や寝酒は眠りが浅くなるのでやめましょう。

(2)家にいる家族と普段できないことに目を向けた生活を送りましょう。
(読書、音楽鑑賞、料理、自宅の掃除等)

(3)信頼できる家族や友人と電話などで話しましょう。
(メールやSNS(エスエヌエス)※も活用しましょう)
SNS:ソーシャルネットワーキングサービスの略で、インターネットを介して人間関係を構築できるパソコン・スマートフォン等用のサービスの総称。

(4)テレビやインターネット等、メディアからの情報から離れる時間を作りましょう。
ゲームやパソコンはほどほどにし、簡単な体操をしてみましょう。

(5)気持ちを落ち着かせるために、たばこやお酒に頼らないようにしましょう。

(6)うわさに惑わされず、テレビや新聞等の信頼できる情報源から正しい情報、正しい知識を得ましょう。
情報が多いとかえって不安が増すこともあるため、テレビ視聴等で情報を取り入れる時間を決めておくのも良いでしょう。

それでも、眠れない、不安で気持ちが落ち着かないときは、誰かに自分の気持ちを聴いてもらいましょう。