【新潟の美味】樹齢1500年のけやきに抱かれる屋敷で味わう田舎のご馳走|たったひとつを叶える旅<106>

©株式会社オンエア

今回のたったひとつは、新潟県南魚沼市の八海山の麓にあるレストラン「欅苑」。樹齢1500年のけやきに抱かれる築150年のお屋敷で、使われる食材のほとんどが敷地内で採れるという里山の幸が楽しめます。

旅の目的は「たったひとつ」で良い

旅の目的は「たったひとつ」が潔いと思いませんか。

あれもこれもと盛りだくさんは、大人には野暮というもの。情報が氾濫している現代だからこそ、余計なものは削ぎ落として、自分の「たったひとつ」を選び取るのが粋。旅の荷物はシンプルに、期待だけを詰めて。

私たちがまだ訪れたことのない、未知の場所や絶景。

笑顔で迎えてくれる、あたたかい地元のひと。

生産地ならではの、新鮮で美味しいもの。

珠玉のように散らばる日本各地の魅力を発信する「ONESTORY(ワンストーリー)」。「ONE=1ヵ所」を求めて日本を旅するメディアから、私たちの「たったひとつ」が見つかりそうです。

新潟県南魚沼市の美味

新潟県南魚沼市は山、川、畑の恵みに溢れ、力強い食材が一堂に揃う場所。米どころである新潟県の中でも、最高峰の米を作る地として知られています。

樹齢1500年のけやきに抱かれる屋敷

新潟県南魚沼市の八海山の麓、樹齢1500年を超えるという大きなけやきの木に抱かれる「欅苑(けやきえん)」。木立に囲まれた築150年のお屋敷の広さは200坪、敷地の広さは4000坪。明治3年に建てられた茅葺き屋根のお屋敷で、里山の恵みを味わえる料理が提供されます。

移りゆく四季の自然と共に、田舎のご馳走を味わいましょう。

自然の力を感じる田舎のご馳走

提供される料理は、コースのみ。5250円コース(2019年11月掲載時)の本膳は、自然薯の海苔巻、焼き舞茸、食用菊「かきのもと」のおひたし、ずいきの黒胡麻ダレ、のっぺい汁、柿としめじの白和え、自家製ごま豆腐の7品。

たっぷり野菜が入ったのっぺい汁

淡いところで味のバランスが完璧に取れている、と称されるのっぺい汁。貝柱やカツオなどで出汁を引いた優しい味わいに、野菜がたっぷり。毎日でも食べたくなります。

香りと歯ごたえを楽しむ天然の舞茸

酒と塩だけで味付けをした、天然の舞茸。香りと歯ごたえも抜群。

もちっとした食感の自然薯の海苔巻

びっくりするほどにもちっとした食感に驚く、自然薯の海苔巻。

宿泊も可能

「欅苑」は、食事だけの利用もできますが、宿泊をすることも可能。大きなお屋敷に宿泊した翌朝は、ゆっくりと朝食を楽しめます。

今回のたったひとつは、樹齢1500年のけやきに抱かれる、築150年の屋敷で田舎のご馳走をいただく「欅苑」。私たちが旅へ向かわずにいられないのは、日常で求められない「たったひとつ」に出逢うためなのです。

注意:詳細につきましては、直接施設へお問い合わせください。

長い間連載させていただきました、たったひとつを叶える旅(ワンストーリー)は今回で終了となります。ご愛読いただきまして、誠にありがとうございました。今後は、本サイトONESTORY(ワンストーリー)にて、引き続き素敵な旅をお楽しみくださいね。

■もっと知りたくなったら

ONESTORY(ワンストーリー)

マッキー牧元がうなる、中越ガストロノミー・2[Niigata Gastronomique Jorney・中越ガストロノミー/新潟県南魚沼市]

欅苑

住所:新潟県南魚沼市長森24

電話:025-775-2419

http://www.keyakien.com/top.shtml