【JBJAChannel】コオロギラーメンとビールのペアリング

©一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会

ビールに愛された皆さまへ!

先日から私がイチオシの昆虫食を推進しているANTCICADAでは、オンラインショップで「おうちでコオロギラーメン」という商品を販売しています。
もちろん、私もいち早く購入しました。運よく、初回の販売時に手に入れることが出来たのですが、これがまた、とてもおいしいラーメンなのです。

「おうちでコオロギラーメン」とのペアリング

ラーメン屋さんに行くと、ビールがメニューに出ていますよね。ラーメンってゆっくり食べるとのびてしまうから、時間勝負な食事なのかと思うので、このビールは餃子とか別のラーメン以外のメニューをアテにして飲むためのものかと思っていたのですが、頭の中の常識にとらわれるのももったいない話で、そんなわけでもないのです。
何をどのぐらい時間をかけようと、それは食べる人の自由なわけで(もちろんお店に迷惑を掛けない程度に、ですが)、私はビールとラーメンはアリだと思っています。

この魅力的なラーメンに合うビールは、というペアリングが今回のテーマです。

アマビエIPA サンクトガーレン

サンクトガーレンがこの春(2020ねn4月)に販売開始をした、対新型コロナで爆発的に人気の出たキャラクター「アマビエ」さん。海の妖怪で、「自分の姿を写したものを疫病の時に見せればおさまる」と言葉を残して海に帰ったという伝説があるということですが、どうなんでしょう。日本の新型コロナの感染者数・死者数が諸外国に比べて少ないのは、やはりアマビエさんのおかげなのでしょうか。

ということで、我らがサンクトガーレンがそのアマビエをモチーフにしたラベルで、非常においしいIPAを発売しました。人気の漫画家 石川雅之さんがデザインしたアマビエさんは、ユーモラスで可愛らしいですね。

おうちでコオロギラーメン×アマビエIPA

アマビエIPAは、スタイルがアメリカンIPAということで、非常にホッピーでしっかりハッキリ主張のあるビールです。苦みも強く、フルーティーなアロマも強く、細マッチョなオラオラ系です。(本場のアメリカンは黒いタンクトップでタトゥーだらけのムキムキマッチョ、って感じですけどね)
まだ飲んでいない皆さまは、是非お試しくださいませ。
https://www.sanktgallenbrewery.com/AmabieIPA/

このアマビエIPAとコオロギラーメンは、非常に相性がいいです。塩味がしっかり効いたラーメンのスープと、歯ざわりのいい中太の麺。ラーメン的には「ボディがしっかりしている」といっていいのか分かりませんが、お互いのボディ感のバランスもいいですし、塩味が苦みをふわっと和らげるような感じがしました。

おうちでコオロギラーメン×ザ・プレミアム・モルツ<黒>

私は大手ビールメーカーの出す黒い色のビールをよく飲むのですが、実はイチオシがこのザ・プレミアム・モルツ<黒>なのです。昔からおいしいのですが、他のメーカーが味のリニューアルを繰り返すたびにスッキリ系に走り、どんどんthinなボディーになっていくのを悲しく見送っていたのですが、こちらのサントリーのプレモル<黒>も例外なく、そっちの方向に走っています。ええ、スッキリしてきています。でも、まだ私の好きなあの昔の重さの面影をチラ見せしてくれます。その味を求めて、見つけるたびに購入してしまうのですが。

さて、コオロギラーメンの売りのひとつが「コオロギ醤油」をふんだんに使ったスープでもあります。コオロギを発酵させてお醤油を作ってしまうなんて、新発想ですね。
このコオロギ醤油が本当に繊細で豊かな表情のある調味料です。そして、このスープがしょっぱすぎるわけではないのですが、塩味がちょうどよくしっかり効いていて、コオロギラーメンのおいしさをリードしてくれるのです。

黒いビールのモルトのロースト感と醤油ベースのスープが合わないわけがありません。まさに、ピッタリなのです。こちらも試す価値のある組み合わせです。

ANTCICADAのコオロギラーメン入手方法

今、ANTCICADAではコオロギビールのクラウドファンディングを募集しています。こちらでコオロギラーメンとのセットも選べるので、是非よろしくお願いします!