第5戦イギリスGPにロレンソ参戦。中上貴晶、長島哲太など日本人5名もエントリー/MotoGPバーチャルレース

©株式会社サンズ

 ドルナスポーツは5月31日(日)の日本時間22時から『MotoGP Virtual Race(MotoGPバーチャルレース)』の第5戦イギリスGPをMotoGPオフィシャルウェブサイトのmotogp.comで開催。MotoGPクラス、Moto2クラス、Moto3クラスの3レースが行われる。

 世界規模で新型コロナウイルスの感染が拡大していることが影響し、ロードレース世界選手権はシーズンがストップ。最短でも7月中旬までシーズンが再開しないが、ファンを楽しませようとMotoGPバーチャルレースが開催されている。

 これまで4戦が開催され、イタリアGPの開催地であるムジェロ、オーストリアGPのレッドブル・リンク、スペインGPのヘレス、サンマリノGPのミサノでバーチャルレースが決行。

 第5戦の舞台はイギリスGPの開催地、シルバーストン・サーキットだ。今大会はMotoGPクラスとMoto2クラス、Moto3クラスの3レースが行われ、総勢28名のライダーが参加する。

 MotoGPクラスはホルヘ・ロレンソ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)がワイルドカード参戦。日本人ライダーは中上貴晶、Moto2クラスから長島哲太、Moto3クラスからは國井勇輝、鳥羽海渡、佐々木歩夢の5名がエントリーした。

 決勝レースの周回数は、MotoGPクラスは実際のレース距離の50%に相当する10ラップ。Moto2とMoto3クラスは35%の6ラップだ。第3戦からはMotoGPオフィシャルテレビゲームの2020年版『MotoGP20』が使用されている。

 このレースはmotogp.comesport.motogp.com、MotoGPとMotoGP EスポーツのYouTubeチャンネルTwitterInstagramFacebookといったSNSで配信。レース後の日本時間0時30分からInstagramのライブ配信で、勝者によるバーチャルプレスカンファレンスも行われる予定だ。

 配信終了後にもオンデマンドによるフルレースとハイライトをmotogp.comとesport.motogp.comで視聴することができる。

 第5戦イギリスGPにエントリーしているライダーは以下の通りだ。

■MotoGPクラス
ミケーレ・ピロ(ドゥカティ・チーム)
ホルヘ・ロレンソ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)
ジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)
ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)
フランセスコ・バニャイア(プラマック・レーシング)
中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
ロレンツォ・サバドーリ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)
ティト・ラバット(レアーレ・アビンティア・レーシング)

MotoGPバーチャルレース第5戦イギリスGPに参加するMoto2ライダー

■Moto2クラス
長島哲太(Red Bull KTM Ajo)
エクトル・ガルソ(Flexbox HP 40)
マルセル・シュロッター(Liqui Moly Intact GP)
カスマ・ダニエル・ビン・カスマユディン(ONEXOX TKKR SAG Team)
チャビ・ビエルゲ(Petronas Sprinta Racing)
ボ・ベンスナイダー(NTS RW Racing GP)
マルコ・ベゼッチ(Sky Racing Team VR46)
ステファノ・マンジ(MV Agusta Forward Racing)
ニッコロ・ブレガ(Federal Oil Gresini Moto2)
アウグスト・フェルナンデス(EG 0,0 Marc VDS)

MotoGPバーチャルレース第5戦イギリスGPに参加するMoto3ライダー

■Moto3クラス
ステファノ・ネパ(Aspar Team Gaviota)
ジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)
ジャウマ・マシア(Leopard Racing)
ジェレミー・アルコバ(Kömmerling Gresini Moto3)
國井勇輝(Honda Team Asia)
鳥羽海渡(Red Bull KTM Ajo)
佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)
カルロス・タタイ(Reale Avintia Racing)
マキシミリアン・コフラー(CIP Green Power)
バリー・バルトゥス(CarXpert Prüstel GP)