DCMホールディングス、CBcloudの「買物代行」を導入

©ダイヤモンド・リテイルメディア

PICK GO買い物代行のイメージ プレスリリースより

DCMホールディングスは5月21日に、CBcloudの提供するプロの配送ドライバーによる買物代行サービス「PickGo 買い物代行」を導入した。

「PickGo 買い物代行」は新型コロナウイルス感染拡大を受け、4月27日に1都3県、および愛知、大阪、福岡で開始されたサービス。企業間の配送を担うフリーランスのドライバーと荷主をつなぐマッチングアプリケーションである「PickGo」を活用し、新型コロナウイルスの影響による配送減少で仕事を求めるドライバーと、買い物代行を求める消費者とを繋げるもの。

「PickGo」に登録しているプロの配送ドライバー「PickGoパートナー」が配送業務のスキマ時間に、ユーザーに代わって買い物を行う買い物代行サービスで、消費者は無料でダウンロードしたアプリケーションから、買い物先と購入商品を入力するだけで、「PickGoパートナー」が最短1時間で自宅、または指定の場所まで商品を届ける(時間指定も可能)。代行料金は550円(税込)からで、店舗数や点数、商品、配達時間により変動する。

なお同サービスは、DCMホールディングスのほかに飲食店のスープストックトーキョー、生花の通販花キューピットでも同時に導入した。

【小売・流通業界で働く人の情報サイト_ダイヤモンド・チェーンストアオンライン】