土屋太鳳が“もちもち感”多めに大熱唱!「雪見だいふく」も恋も待ってこそおいしくなる!?

©株式会社東京ニュース通信社

株式会社ロッテは、土屋太鳳を起用した「雪見だいふく」の新テレビCM「雪見涼み作法」篇、新ミュージックビデオ「恋と雪見のお作法」篇を公開している。

「雪見涼み作法」篇は「和の涼み」をテーマに、「雪見だいふく」ならではの涼み方を紹介する内容。夏の茶室で「雪見だいふく」を食べごろまで待ってから楽しむという新たな涼み方を描いている。「雪見だいふく」を知り尽くした土屋のまるでお作法の先生のような表情や、土屋自身も「CGではありません!」と驚いた、見事な“おもちのばし”に注目だ。

CMは、風鈴が鳴り響く、夏の茶室が舞台。「雪見だいふく」を前に、土屋と雪見うさぎは心を静め、正座して、食べごろになるまで待っている。しかし、食べたくて我慢できない雪見うさぎが、そーっと食べようとすると、目を閉じているはずの土屋から「まーだ」の一言。「バレた!」と手を止めた雪見うさぎも再び心を静め、その瞬間を待つ。そして、「今だ!」と土屋が目を開けると、食べごろになった「雪見だいふく」を2人で仲良く食べるというストーリー。

一方、新ミュージックビデオ「恋と雪見のお作法」篇では、「雪見だいふく」の楽しみ方の作法を恋と重ね合わせたオリジナル歌謡曲を、土屋が熱唱。歌もさることながら、日本舞踊の経験も存分に発揮した土屋のアドリブ入りの振り付けが見どころだ。

ミュージックビデオは、イントロ芸人のアナログタロウによる曲紹介からスタート。お辞儀をして登場した土屋は、「恋も雪見も待ってこそおいしくなる」と食べごろの8分を待つ気持ちを歌い上げていく。その後、「雪見だいふく」に優しく口づけして、“おもちのばし”を楽しむと、「どんな男よりも雪見は裏切らない」という歌詞とともに、雪見うさぎをいとおしそうにぎゅっと抱きしめる。そして、歌い終わりに、「ありがとうございました」とお辞儀をして締めくくられる。

CM撮影では、浴衣姿で長時間、正座をし続けた土屋。途中、足のしびれを心配し、声をかけたスタッフには、「大丈夫です!」と答え、終始笑顔で臨んでいた。また、土屋が特技だと語る“おもちのばし”の撮影シーンでは、「緊張する…」と言いながらも、「いきます!」と気合を入れてスタート。出演6年目となる土屋は1テイク目から安定感のある“おもちのばし”を披露し、テイクを重ねるたびに、スタッフからは「素晴らしい!」と大きな拍手が上がり、土屋は「やったー!」とガッツポーズを見せていた。

そして、ミュージックビデオの撮影では、お笑い芸人のアナログタロウと共演。イントロ部分でアナログから歌と関係ない土屋家の家訓を紹介され、必死に笑いをこらえる土屋。監督からカットがかかった瞬間、土屋を含め現場は大爆笑に包まれた。また、土屋はオリジナル歌謡曲に合わせた振り付けに即興で挑戦。歌詞やリズムに乗って、しなやかな振り付けを披露した土屋に、監督も「スゴイ! 完璧!」と感激し、歌の世界に入り込み、華麗に演じきる土屋の姿に、現場からは大きな拍手が沸き起こった。

さらに、オリジナル歌謡曲のレコーディングに臨んだ土屋は、監督と「歌詞の“ツンツンしたいの”は動作的なツンツンですか? それとも感情的につんけんするツンツンですか?」と話し合うなど、歌詞の意図をくみながら、感情を乗せ、順調にレコーディングを進めていった。途中、監督から「“もちもち待ち”のフレーズ、もっと“もちもち感”を多めに歌えますか?」とムチャぶりのリクエストが飛び出すも、土屋は笑いながらも渾身(こんしん)の“もちもち感”で歌い上げていた。

CM撮影を終えた土屋は、「一足先に夏の訪れを感じることができて、この気持ちいい空気の中で、雪見だいふくを味わうのは幸せだろうなと思いながら、楽しんで撮影させていただきました」と振り返り、CMで披露した“雪見涼み作法”にちなんで、“土屋家の作法”について聞くと、「私の家族がやるのは、月がすごく奇麗だったら、全部あかりを消します。それでそのまま月明かりで寝ます」と明かした。

また、ミュージックビデオの撮影については、「歌で雪見だいふくの食べ方だったり、魅力の幅がこんなに広がるんだ…と思いました。日本舞踊ならではの“手がいってから、首がいく”などを生かすことができて、習っていてよかったです」と大満足の様子。歌詞に“恋も雪見も待つのが大事”とあることから、土屋自身が恋をした時は“待つ派”“攻める派”どちらかというと「雪見だいふくも、軟らかくて冷たいじゃないですか。その両方の良さがあると思うので、私も“待つ派”と“攻める派”の両方に挑戦できたらと思います(笑)。でも最初は“待つ派”でいたいな」と笑顔に。レコーディングで難しかった点は、「監督に“もちもち感”多めにとリクエストを受けて、難しかったけど、感覚的には分かりました。“もうそれを待ってるの!”という感じが出ればいいなって思いました(笑)」と告白。そして最後に「皆さんで歌ってくださったらうれしいなって思います」とメッセージを寄せた。