仲間由紀恵、松本潤、小栗旬ら出演「ごくせん」の第1シーズンを放送!

©株式会社東京ニュース通信社

仲間由紀恵主演による、日本テレビ系の伝説的学園ドラマ「ごくせん」が「ごくせん 2002 特別編」として、6月3・10日(午後10:00)に放送されることが分かった。

18年ぶりの放送に、仲間は「『ごくせん』第1シリーズが、このたび放送されることになりました。皆さん、今はさまざまなことに気を付けながら生活する毎日だと思いますが、こんな時だからこそ、このドラマを見て笑ってスカッとして元気を出していただけたらと思います」とメッセージを寄せている。

森本梢子氏のコミックをドラマ化した同作は、2002年、05年、08年と3シリーズにわたり放送され、09年には映画化もされた大ヒット作。仲間演じる極道の跡取り娘である主人公・山口久美子(通称・ヤンクミ)が、不良生徒が集まる男子高の高校教師として奮闘する青春コメディー。熱血高校教師・ヤンクミを仲間が熱演したほか、彼女が受け持つ不良生徒たちを、松本潤や小栗旬(第1シリーズ)、亀梨和也(第2シリーズ)、髙木雄也、三浦春馬(ともに第3シリーズ)らが演じ、社会現象を生み出した。

今回は、02年放送の「ごくせん」第1シリーズの第1・第2話を2週連続で放送。第1シリーズには、松本や小栗、石垣佑磨、成宮寛貴をはじめ、生瀬勝久、宇津井健や沢村一樹、伊東美咲、まだ駆け出しの頃の松山ケンイチ、上地雄輔も出演。超豪華な出演者の顔ぶれは、今見るとさらに楽しめる要素満載だ。

仲間は「私にとっても思い入れのあるこの作品。久しぶりに見ていただけることをうれしく思っています。また、今でも大活躍している私の大事な生徒たちの初々しいお芝居も見どころです! お楽しみに!」と放送を喜んでいる。

第1話では、創立30周年を間近に控えた白金学院高校で、問題児ばかりを抱えた3年D組の担任となった久美子が、教室に入ると予想通り生徒たちの手荒い“歓迎”を受けるところから物語が始まる。不良グループのリーダーは、教師を殴って前の学校を退学になったという沢田慎(松本)。この慎の取り巻きに、内山(小栗)、南(石垣)、野田(成宮)、熊井(脇知弘)といった生徒がいた。

生徒の間では、ビビった久美子が明日から来ないのでは、とのうわさが早くも流れるが、実は久美子には、学校関係者には絶対に明かせない秘密があった。久美子の家は任侠集団の「大江戸一家」で、組の4代目を継ぐ立場にある「お嬢」だったのだ。このことを知っているのは校長の白川(田山涼成)だけで、バレたら久美子がクビになるのは確実だった。

ある日、模擬試験の受講料50万円がなくなる事件が発生。50万円の入った集金袋らしきものを持って繁華街をウロつく熊井を見たという目撃証言が現れる中、教頭の猿渡(生瀬)らの追及に対し、否定する熊井を久美子だけは信じる。