調味料がジェラートに?! 加西の老舗醤油屋が「しょうゆ」と「ぽんず」を使ったジェラートをリリース

©株式会社ラジオ関西

 醤油やぽん酢が、ジェラートになる。想像もつかないかもしれないが、これがなかなかの絶品だ。加西市の高橋醤油株式会社は4月に『しょうゆジェラート』と『ぽんずジェラート』の2種類の変わり種ジェラートをふるさと納税の返礼品としてリリースした。

『しょうゆジェラート』と『ぽんずジェラート』

 ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」「楽天ふるさと納税」「Wowma! ふるさと納税」「ふるなび」を通じて手に入れることができる。高橋醤油は大正10年(1921年)から創業する加西市の老舗醤油屋だ。100年近く地元北播磨の台所を支えている。そんな播磨の醤油店が、その自慢の味を全国に届ける。

高橋醤油

 醤油は同社が現代に蘇らせた古来の製法で丁寧に作った「古式しょうゆ」を使用し、『ぽんずジェラート』に使用しているゆず果汁は安富ゆず組合の天然果汁100%「柚子のしずく」だ。地元自慢の原料を使って、加西市の手作りジェラート専門店「パスコロ」がジェラートを仕上げた。まさに地元の味である。

『しょうゆジェラート』は以前から人気の商品。3年前から高橋醤油の店舗に足を運ぶお客さんに向けて販売している。最初は怖いもの見たさで買うものの、一度食べるとハマってしまう人が続出したという。濃厚なミルクの味と、さわやかながら香ばしい醤油のコクが驚くほど見事に溶け合ってあたらしい味になる。

 今回あたらしく生まれた『ぽんずジェラート』は、同店で最上級の醤油「古式丸大豆しょうゆ」をベースにしたこだわりぽん酢を、濃厚ミルクのジェラートと融合させた一品。天然ゆず果汁の味わいが加わることで、爽やかで醤油の旨みを強く感じられる味になっている。ぽん酢特有の少しカドのある酸味を、濃厚なミルクが程よく抑えて食べやすい。

 もっと多くの人に届けたい、兵庫県以外の人にもこの播磨の味を知って欲しい、ということから、ふるさと納税の返礼品として提供する企画が2年前からスタート。この度、満を持して全国に送り出される。味やパッケージにも趣向を凝らし、加西のふるさとの味を存分に余すことなく伝えている。

 返礼品の内容は以下の通りだ。

返礼品内容(1):醤油屋のしょうゆジェラート 91ml × 6個
返礼品内容(2):醤油屋のぽんずジェラート 91ml × 6個
返礼品内容(3):醤油屋のしょうゆジェラート&ぽんずジェラート 91ml 各3個

 以上の3つから選べる。

 ふるさと納税は手を出しづらいという声もあるが、実はそこまで複雑な手続きも必要ないので、まだやったことがないという人はこれを機に挑戦してみて欲しい。また、高橋醤油の伝統的な醤油にも手を伸ばしたいところだ。

2020年5月27日(水)15:00~16:00 | PUSH! | ラジオ関西 | radiko