林検事長「信頼回復に努める」

黒川氏の後任、就任会見で謝罪

©一般社団法人共同通信社

東京高検検事長に就任し、記者会見する林真琴氏=27日午後、東京都内

 東京高検検事長に26日付で就任した林真琴氏(62)は27日、東京都内で記者会見し「謙虚な姿勢で使命を全うし、国民の信頼回復に努めていく」と述べた。緊急事態宣言中に新聞記者らと賭けマージャンをして辞職した黒川弘務前検事長(63)の後任で、「誠に不適切で改めておわびする」と謝罪した。

 林氏は愛知県出身で、東大卒業後の1983年に任官した。刑事局総務課長や人事課長を歴任。法務省刑事局長を経て2018年1月から名古屋高検検事長を務めていた。

 会見で林氏は「距離が近いと公正さが疑われる可能性がある」と話し、政治と検察との間に一定の距離が必要との認識も示した。