結婚式キャンセルの看護師と医師、職場の病院で挙式 ロンドン

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

新型コロナウイルスの爆発的な流行で結婚式をキャンセルせざるを得なかった看護師と医師のカップルが、勤務先の病院で挙式した。

外来救急の看護師ジャン・ティピングさん(34)と、急性疾患部門の研修医アナラン・ナヴァラトナムさん(30)は、ロンドンのセント・トマス病院のチャペルで結婚式を挙げた。

2人は、「まだみんなが健康なうちに」式を開こうと決断したという。

ロンドン南部タルスヒルに住むティピングさんとナヴァラトナムさんは、8月に挙式の予定だった。しかし、それぞれの親族が北アイルランドとスリランカから安全にロンドンまで来るのは難しいと考え、式をキャンセルした。

それでも2人は、何とか結婚式を開こうと決意。内々の式を前倒しすることにして、病院から特別許可をもらった。


ティピングさんは、「たとえ愛する家族が画面でしか見られないとしても、みんなで祝えるうちに挙式したいと思いました」と2人の思いを語った。

4月24日に挙行した結婚式について、ティピングさんは、「親密」で「すてき」な式だったと述べた。ただ、双方にとっての職場で式を挙げるのは、「現実離れ」した感じがしたと付け加えた。

ナヴァラトナムさんは、セント・トマス病院に勤務して1年ほどになる。2人の心境について、「互いに誓い合うことができて幸せです」と話した。

新婚カップルはオンラインで酒席を催し、結婚して最初のダンスとスピーチも披露した。

結婚式を執り行ったミア・ヒルボーン牧師は、「関わることができて感激しました」と述べた。

2人の挙式について聞きつけたマット・ハンコック保健相は、「これはすてきだ」と

した。


新型コロナウイルス特集

感染対策

  • 基本情報:1分で解説 新型コロナウイルスについて知っておくべきこと
  • 予防方法: 正しい手の洗い方
  • なぜ外出を控えるのか: 家にいることで人の命を助けられる
  • 社会的距離とは: 2メートルってどれくらい? 感染対策に必要な距離
  • 感染したか判断するには: 「具合が悪いんだけど、もしかして新型ウイルス?」 感染を判断する方法とは
  • 心の健康:【解説】 新型コロナウイルス、心の健康はどう守る?

在宅勤務・隔離生活

  • 在宅勤務:【解説】 より良い在宅勤務へ 便利なコツやツールは?
  • 自主隔離:新型コロナウイルス、自主隔離でやるべきこと
  • 必要なものの調達: 安全なデリバリーやテイクアウト、買い物の方法は

(英語記事 Nurse and doctor wed in hospital where they work