知の頂上決戦!“東大王”と伊沢拓司率いる知識集団・QuizKnockがクイズ対決

©株式会社東京ニュース通信社

6月10・17日に放送されるTBS系のクイズ番組「東大王」(水曜午後7:00。一部地域を除く)では、2週にわたり、東大王と東大発の知識集団・QuizKnock(クイズノック)が激突。“知”の頂上決戦を繰り広げる。

ヒロミと山里亮太(南海キャンディーズ)がMCを務める同番組は、圧倒的な知能を誇る「知力の壁」東大生チームに、知識と経験には自信ありという芸能人チームが挑む究極の頭脳バトル。知識だけ、ひらめきだけでは勝つことができない超難問クイズが話題で、頭脳明晰(めいせき)で個性豊かな“東大王”たちに憧れる小・中校生も増加中だ。

そんな“東大王”たちの最大のライバルが、元東大王で、現在も令和最強のクイズ王として揺るぎない強さを見せる伊沢拓司。今回は、伊沢が東大発の知識集団・QuizKnockを率いて参戦する。伊沢が発起人となり2016年に誕生したQuizKnockは「楽しいから始まる学び」をコンセプトに、記事や動画、ゲームアプリなどを毎日発信しており、YouTubeチャンネルの登録者数は133万人を誇る。知力、人気ともに“東大王”たちに勝るとも劣らないQuizKnockのメンバー。4月に新大将となったIQ165の天才・鶴崎修功を筆頭に、鈴木光、林輝幸、砂川信哉たち“新生・東大王チーム”は、どう迎え撃つのか?

鶴崎は「QuizKnockは芸能人チームと違って、大学のクイズ研らしい知識と早押しの技術で迫ってきます。われわれもいつもと違うやり方で対峙(たいじ)しないといけません。私、鶴崎もQuizKnockに参加していますし、互いに互いをよく分かっていると思います。東大王チームの方が『東大王』の問題をたくさん見ていますから、そこの経験の差で勝ちたいと思います」と自信満々。

「いやはや、ついに対決と相成りましたか。楽しみなような、少し怖いような、複雑な気分です」と笑う伊沢は、「“東大王”とはまた違う知の極め方をした軍団、それがQuizKnock。がっぷり組み合うか、技の出し合いか…全く結果が見えませんが、過去に類を見ぬ『知の総合格闘技』になることは間違いありません。そんな世紀の一戦を楽しく勝つのが、QuizKnock流です! いざ!」と気合を入れている。