給付金狙う「コロナ詐欺」にご注意! 「知らない人にキャッシュカードを渡さない、暗証番号を教えない」

©ジグノシステムジャパン株式会社

高橋みなみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」。毎週水曜日は、音楽ジャーナリストの高橋芳朗さんとお届け。5月27日(水)の放送では、歌手で俳優の杉良太郎さんとEXILEの“MATSU”こと松本利夫さんがリモート出演し、防犯について話し合いました。

ゲストのふたりは現在、警察庁の防犯プロジェクト「SOS47」に関わり、杉さんは警察庁の「特別防犯対策監」として、松本さんは「特別防犯支援官」として、全国のイベントに参加したり、広報啓発用の動画をつくったりと特殊詐欺の撲滅に取り組んでいます。

特殊詐欺といえば、孫や息子を語って事故などの名目で、現金をだまし取る「オレオレ詐欺」が知られていますが、最近は「新型コロナ対策の給付金を狙った手口も増えている」と杉さん。犯罪をする側に対して「私たちは徹底的にやる。一刻も早くストップしてほしい」と、感情をあらわにして呼びかけました。

また給付金を狙う「コロナ詐欺」に、杉さんは「困っているところにつけ込んでくる。キャッシュカードを知らない人に渡したり、暗証番号を教えたりしてはダメ。気をつけてほしい」と注意を促し、松本さんは「詐欺被害に遭わないために、留守番電話機能や通話録音機能を利用して、知らない相手からの電話には出ないこと。犯人は人をだますプロ。“自分は(詐欺に)引っかからない”と思った人でもだまされます」と説きました。

ちなみに特殊詐欺の被害額は、2019年では約1万7,000件にものぼり、金額にすると約300億円。これは、全国で1日あたり約8,000万円の被害が出ている計算になります。

あの手この手と形を変えて忍び寄る特殊詐欺。最後に松本さんが「新型コロナでさまざまな不安が募るなか、お金をだまし取ろうとする特殊詐欺は許すことができない。これ以上苦しむ人が出ないよう、これからもメッセージを発信していきたい」と声を大にすると、杉さんは「コロナも詐欺も、家族の絆で負けないようにしてほしい」と呼びかけていました。

たかみなは「3密は避けないといけないけど、心のつながりや家族の連携という絆は深めていくべきですよね」と感じ入った様子でした。

なお、番組公式Twitterでは「特殊詐欺に遭ったこと、ありますか? 遭いそうになったこと、ありますか?」との質問でアンケートを実施。「YES」が26%、「NO」が74%という結果に、芳朗さんは「“YES”が一見少なく見えるけど、けっこう多いと思う」と驚いていました。


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年6月4日(木) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm