世界の若者、6人に1人非就労に

新型コロナ影響と国際労働機関

©一般社団法人共同通信社

 【ジュネーブ共同】国際労働機関(ILO)は27日、今年に入ってからの新型コロナ感染拡大を受け、世界各地で働いていた18~29歳の若者の約6人に1人が、失業や一時帰休などで非就労の状態に追い込まれたと発表した。

 仕事を続けられている若者も、就労時間が23%減少したことなどから、43%が減収となったとしている。また、71%が完全もしくは部分的に在宅勤務状態となっているという。

 調査対象となった男性の53%、女性の60%は、将来の職業的成功に不安を感じていると回答。学生や生徒のうち、約半数が学業の遅れを訴え、10%は単位取得や卒業ができない見込みとしている。