仲間由紀恵が初リモート撮影!軽快な音楽に合わせて“レインボー体操”に挑戦

©株式会社フジテレビジョン

5月28日(木)、JA共済がスペシャルムービー「Rainbow Action With You(レインボーアクション ウィズユー)」を公式YouTubeチャンネルに公開した。

「Rainbow Action With You」は、まだまだ自宅で過ごす時間が多い今、運動不足解消や健康増進などを目的に作られた動画。仲間由紀恵が全国の老若男女、さまざまな人たちとリモートで一緒に「レインボー体操」に挑戦している。

今回のスペシャルムービーには、仲間が1人で撮影セッティングを行い、カメラに向かって「ついたかな?映ってますか?」と手を振るレアな姿も収録。全国の方々とビデオ通話で繋がり、「レインボー体操」をする柔らかな表情が印象的な動画となっている。

<JA共済のスペシャルムービーはこちら>

<仲間由紀恵 コメント>

――撮影を終えての感想を教えてください。

私もZoomなどを使ったリモートの撮影は初めてでした。どんなふうにコミュニケーションを取りながら収録するのかな、と思っていたんですけれども、すごく新鮮な気持ちで取り組めましたし、今までの撮影とは違って、「私もスタッフのみなさんと一緒にこの作品を作っているんだな」という気持ちもあって、とても楽しかったです。

――今、なかなか外出できない日々ですが、仲間由紀恵さんはどのようにお過ごしでしょうか。

日本中、世界中の人たちが自粛生活を送っていらっしゃるかと思うんですけれども、私も、基本ず っと家におります。買い物に出るのも週に1回出るかな?出ないかな?という(頻度で)、その他 は家の中で過ごすようにしています。

――長い間、在宅期間を過ごされていると思いますが、お家の中でどんなふうに気分転換をしていますか?

私は主婦であり、母親という面もあるので、やることは本当にたくさんあるんです。ですから、いつもより「ちょっと疲れたな」っていう時もなくはないのですが、そういうときはひと息ついて、軽くお茶をしたりして、また気持ちを入れ替えて、今の自分の生活っていうのをできるだけ前向きに捉え、楽しんで過ごすようにしています。

――ご自宅で家族と過ごす時間は増えましたか?

家にいる時間がすごく長くなって、仕事をしていた頃よりも家族と一緒にいる時間が多くなりまし た。皆さんもそうだと思うんですけれども、こういう生活をして改めて、家族との時間ってすごく大切だなと思うようになりましたし、家族みんなで一緒にいる時間が、とても今貴重な時だなというふうに感じています。家族で過ごす時間を噛みしめながら、生活をしています。

――「運動不足解消」のために実践されていることはありますか?

ずっと家にいると本当に運動不足になりますよね。本当だったら外に出て、ウォーキングをしたり、軽くランニングをしたりっていうことができればいいなと思うんですけど。それもなかなか難しいので、できるだけ時間を見つけてスクワットなど、ちょっと軽い筋トレをするように心がけています。

――最後に、皆さまにメッセージをお願いします。

今、日本中の人たちが自粛生活で先のことを不安に思ったり、「何か刺激が欲しいな」、「外に出たいな」なんて思っていらっしゃる方もいるかと思います。でも、今せっかく家にいるからこそ、できることとか、家にいないとできないことってたくさんあると思うんです。

何か楽しみを見つけて、前向きに家にいることを楽しむことをぜひ探していただきたいなと思います。 また、自分が家にいることが、自分の大切な人、家族や友達を守っていることにも繋がってい るんだという意識を持っていただいて、できるだけ前向きな自分らしい生活というものを探してい ただけたらと思います。