アマビエの鳴き声を募集

障害者の芸術活動支援財団、岐阜

©一般社団法人共同通信社

妖怪「アマビエ」のイラストなどの作品募集を呼び掛けるTASCぎふのチラシ

 障害者の芸術活動を支援する岐阜県教育文化財団・TASCぎふは、新型コロナウイルス終息を願いながらアートを楽しんでもらおうと、疫病をはらう言い伝えがある妖怪「アマビエ」のイラストや、鳴き声や語り口調を表現した音声の作品を全国から募集している。応募作品はウェブサイトで紹介する。

 絵を描くのが苦手な人や障害で手が使えない人にも幅広く参加してもらうため、イラストに加え、音の部門を設けた。夏には岐阜市内で展覧会を開く予定だ。

 TASCぎふによると、定説の鳴き声はないという。

 応募締め切りは6月30日。音のデータはメール送信で、イラストははがきでも応募できる。