新型コロナの影響で注目が集まるエクササイズ!アメリカで絶大な共感を得ているダイエット番組とは?

©株式会社フジテレビジョン

5月28日(木)21時からのフジテレビ『直撃!シンソウ坂上』は、海外で大反響の人気テレビ番組を紹介。ゲストとして、天童よしみ、出川哲朗、丸山桂里奈がリモート出演する。

ダイエット前にトレーナーが爆食い!?異色の番組の結末は…

新型コロナウイルスの影響によって長く続いたステイホーム生活で、全世界共通の大きな悩みは運動不足。SNS上でも自宅でできるエクササイズ動画が大きな反響を呼び、ダイエットには注目が集まっている。

そんな中で、肥満が深刻な問題となっているアメリカでは、『FIT TO FAT TO FIT』というダイエット番組が視聴者から絶大な共感を得ている。

この番組は、通常のダイエット番組とは異なり、なんとダイエットを指導するトレーナーが数カ月をかけて爆食い!自身の鍛え上げた肉体をダイエット依頼者同様の肥満体に変え、“肥満に悩む気持ち”を共有しながら一緒にダイエットを行っていく。

今回紹介する番組に出演するのは、娘も肥満に悩んでいるため努力すれば痩せられることを証明したいという体重88キロの主婦・ケンリーと、肥満の人が数多く通うジムの経営者でトレーナーのキャリー。

キャリーは、ケンリーとの初対面時に、ダイエットの苦しい経験を分かち合うため「今から4カ月かけて激太りする」と宣言。番組では、彼女の壮絶な“デブエット”に密着した。

目標は、現在57キロの体重を73キロまで増やすこと。ファストフードや高カロリー食品を爆食いすることで、キャリーの体重は2カ月で57キロから66キロへ。“デブエット”は順調に思われたが、慣れない爆食いで精神的に追い詰められてしまう…。キャリーとケンリーの衝撃ダイエットの結果は!?

(左から)キャリー、ケンリー

巧妙な犯罪を丁寧に取材して紐解いていく…

カナダで4年にわたり放送された人気番組『MASTERMINDS(マスターマインズ)』は、知的犯罪の首謀者にスポットを当て、巧妙に仕掛けられた犯罪の一部始終を再現と関係者インタビューを交えて描く番組。

紹介するのは、被害総額29億円、日米を股にかけて贋作(がんさく)の絵画を販売した天才詐欺師の事件。小さな骨董(こっとう)品店で働いていた画商の男が、巨額をだまし取った驚きの手口とは一体?