市販のカセットボンベが使えるインバーター発電機

©株式会社ジェイ・キャスト

住宅設備および生活家電などを手がける山善(大阪市)は、ナカトミと共同で立ち上げた「DREAM POWER」ブランドから、カセットボンベ式のインバーター発電機「EIGG-600D」を、2020年5月下旬から全国の家電量販店およびホームセンター、山善の直販サイト「くらしのeショップ」などで順次発売する。

入手や保管のしやすいカセットボンベで安全に発電

電機製品とスマホの充電が同時に

入手しやすく長期保管もしやすいという市販のカセットボンベ2本をセットするだけで、定格出力600VAで発電ができる。約1.5時間の連続使用に対応。持ち運びしやすく保管や車載にも適するという小型軽量設計。

USB出力端子を装備し、電機製品とスマートフォンなどの充電が同時に行える。

負荷に応じた回転数に制御することで燃料消費を抑える「エコモード」を備え、長時間の運転ができるという。消費電力が大きな製品を使用する場合は、別売の「並列運転コード」を使用すれば2台並列接続が可能。

自動車など予期せぬバッテリー上がりの際にも、付属の「直流バッテリー充電用コード」を使えば車載バッテリーの充電にも対応する。そのほかプラグレンチ、棒ハンドル、ドライバーが付属する。

価格はオープン。<J-CASTトレンド>