坂上忍『バイキング』で“誹謗中傷騒動”に言及するも批判殺到「酷すぎ」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)まいじつ 

5月27日放送の『生ホンネトークバラエティ バイキング』(フジテレビ系)にて、MCの坂上忍が〝誹謗中傷騒動〟について言及。ネット上で批判の声が相次ぐ事態に発展している。

この日の番組では、今月23日未明に亡くなった女子プロレスラーの木村花さんを特集。SNSで過激な誹謗中傷を受けていた経緯などが取り上げられ、他にも誹謗中傷被害を受けた経験がある著名人たちの怒りの声なども紹介された。

また、スタジオ出演していたコラムニストの山田美保子氏は、SNSだけでなく〝テレビを始めとしたメディア〟での誹謗中傷に関してネット上で話題になっていることを解説。併せてタレントの武井壮が別番組で発言していた「悪意を持って相手に悪口を言うことと何か体制に向けての批判って全く違う」というコメントも取り上げられる。

ここで坂上は武井の意見に同意し、身元を明かした上で発信しているテレビと〝匿名のSNS〟を比較。テレビは〝決められたルール〟の中で発言していると語り、「SNSの匿名さんと一緒にされちゃ、ちょっと困るな」と漏らす。さらにテレビでの間違った発言は訂正や謝罪が不可欠であり、また放送倫理・番組向上機構の〝BPO〟という存在があることも説明していた。

顔を出せば良いわけではない?

坂上の持論に、ネット上では、

《匿名じゃないからは理由になりません》
《自分たちは匿名でないからって開き直ってた。怖いんだけど》
《匿名でもそうじゃなくても行き過ぎた批判はダメでしょ》
《この前の捏造の時、自分は謝らずにアナウンサーが謝ってたよね?》
《とうとう日本は、顔出し名前出ししてれば誹謗中傷や悪口が認められる国になったか》

などと反感の声が続出している。

「今回はテレビを擁護していた坂上ですが、25日に放送された同番組では誹謗中傷を行う人々へ『その程度の人たちとしか思ってない』と発言しています。この発言がネットニュースになり、記事を見た丸山穂高衆議院議員は自身のツイッターで同番組を批判。《はぁ?その誹謗中傷を毎日公共電波でやってるのが、フジテレビ坂上忍の番組だろ》と痛烈な一言をツイートしていました」(芸能ライター)

丸山議員のツイートを見ていた人からは、今回の坂上の発言に対して、

《珍しく丸山穂高に賛同できる》
《今日のバイキング酷すぎた。坂上さんたち完全に丸山さんへ宣戦布告してたけど》

などの声が。テレビが〝特別扱い〟されなくなる日も、そう遠くはないのかもしれない。