柏崎刈羽原発の規定再検討を要求

規制委「責任が明確でない」

©一般社団法人共同通信社

 原子力規制委員会は28日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の安全管理事項を定めた保安規定に「福島第1原発の廃炉をやり遂げる」などとする基本姿勢を盛り込んだ東電の変更案について、守られない場合の対応が不明確だとして再検討を求めることを決めた。

 同日の定例会合で、山中伸介委員は「社長の責任がどこにあるか明確ではない。保安規定の中で書くべきだ」と指摘。東電が「世界中の運転経験や技術の進歩を学ぶ」と盛り込んだ点について、別の委員からは「安全性を先取りする意欲を示してほしい。不満だ」との意見も出た。