東海道新幹線、一時運転見合わせ

浜松駅で停止信号、千人に影響

©一般社団法人共同通信社

 28日午前11時15分ごろ、東海道新幹線の浜松駅で停止信号が表示されたため、上下線で一部列車が運転を見合わせた。約15分後に安全を確認し運転を再開したが、博多発東京行きのぞみ8号が約22分遅れたのを最大に、上下計6本が遅れ、約千人に影響が出た。

 JR東海によると、浜松駅近くの浜松工場から東海道新幹線の本線に別の車両が入る前に一時停止する際、決められた位置を過ぎたため、本線側に停止信号が表示された。