近畿2府4県、景気判断「悪化」

日銀大阪、4カ月連続引き下げ

©一般社団法人共同通信社

記者会見する日銀大阪支店の山田泰弘支店長=28日午後、大阪市

 日銀大阪支店は28日発表した5月の関西金融経済動向で近畿2府4県の景気判断を、新型コロナウイルス感染拡大の影響で「悪化している」とし、4カ月連続で引き下げた。4月は「弱い動きとなっている」との表現にとどめていた。政府の緊急事態宣言で外出や営業の自粛が進み、個人消費が大幅に減少した。

 日銀大阪支店は4月の景気判断で、景気の「拡大」との表現を2年10カ月ぶりに外していた。