化学・合繊大手6社、減収減益

コロナで自動車向け素材落ち込み

©一般社団法人共同通信社

 三菱ケミカルホールディングス(HD)や東レなど、化学・合繊大手6社の2020年3月期連結決算が28日出そろった。新型コロナウイルスによる経済停滞で、自動車向け素材などの販売が落ち込み、6社全てが減収減益となった。

 三菱ケミカルHDは純利益が前期比68.1%減の540億円に。世界的に生産が落ち込んだ自動車向けの樹脂などが振るわなかった。旭化成はタイヤの合成ゴムの販売が減少。三井化学は自動車向け素材が低調、住友化学は石油化学品原料の価格下落が響いた。

 東レは米中貿易摩擦や暖冬の影響で繊維の販売が減った。帝人は主力医薬品を巡り、欧米の後発品発売が打撃となった。