新型コロナ感染、「中等症」の男性死亡 兵庫・西宮

©株式会社神戸新聞社

西宮市役所=西宮市六湛寺町

 兵庫県西宮市は28日、新型コロナウイルスに感染していた90代の無職男性=同市在住=が26日に死亡したと発表した。男性は介護サービスを受けておらず、自宅で過ごすことがほとんどだったといい、感染経路は不明。同市が発表した死者(市外在住者含む)は計6人となった。

 同市によると、男性は8日に食欲不振を訴え、10日から脱水症状やけん怠感があった。16日に検査で陽性と判明し、市外の感染症指定医療機関に入院した際は、自力歩行が可能だったものの、酸素吸入が必要な「中等症」だったという。