広瀬アリス&すず、永山瑛太&絢斗がリモートドラマで共演に大満足!

©株式会社東京ニュース通信社

NHK総合で5月30日と6月6日に放送される「リモートドラマ Living」(午後11:30)の、5月30日分に出演する広瀬アリス・広瀬すず姉妹、永山瑛太・永山絢斗兄弟からコメントが到着した。

同作は、「東京ラブストーリー」「最高の離婚」(ともにフジテレビ)、「カルテット」(TBS系)などを手掛けた坂元裕二氏が脚本を務める、15分×4本のオムニバスファンタジードラマ。5月30日放送・第1夜には、広瀬姉妹、永山兄弟、6月6日放送・第2夜には、中尾明慶・仲里依紗夫妻、青木崇高・優香(声のみ)夫妻が出演。さらに、全話に小説家役で阿部サダヲ、CGキャラ・ドングリの声で壇蜜が登場する。

第1話で、はた目には平凡な生活を送っているように見える仲良し姉妹だが、実は誰にも見せない“裏の顔”があるというストーリーを演じた広瀬姉妹。姉のアリスは「初めて2人でお芝居をやったので面白かったです。姉妹だからこそ自由にできる感じもあって、まさにリビングで会話しているようでした。テイクを重ねれば重ねるほどテンポが自然になっていって、面白かったです。一度テストをやった後、ここはちょっとテンポアップしたいなって思ったところをお互い自然と修正していて、“あぁ、やっぱり通じるんだな”って。安心感がすごかったです」と共演の感想を話す。

一方の妹・すずは「お会いしたことがない初めましての役者さんだと、多少駆け引きしながらだったり、様子をうかがいながらみたいな部分が必ず現場で出てきてしまうんですけど、(今回は)お互いが自由に、自分が思うようにやりたいようにやっている感覚があって心地よかったです。坂元さん独特のリズム感の二人芝居なので、大変かもしれないと思っていましたが、姉妹なので楽しく演じられました」と撮影を満喫した様子。

また、リモートでのドラマ撮影について、アリスは「見慣れた場所での撮影ということで、なかなか普段は出せないようなリラックスした感じがありました」、すずは「周りにスタッフさんがいない空間での撮影っていうのは今までなかったことですし、相手も姉だし、ここだけの空間を楽しめたような気がしました」と面白さを感じたようだ。

そして「姉妹でやるということもぜひ楽しみにしていただきたいですし、『Living』という題名にしっかり合ったリビングでのゆるーい一コマ、自然体なゆるーい掛け合いだったりを楽しんでいただければいいなと思っております」(アリス)、「お芝居の中で私たち2人にすごく特殊な設定があるので、見ている方全員が突っ込みたくなるような会話や、私たちのシュールな葛藤をくすっと笑ってもらえたらうれしいなと思います」(すず)とそれぞれ見どころをアピールした。

“過去にはやった料理”を作ることを職業とする兄弟を演じた永山兄弟。初の兄弟共演に兄の瑛太は「兄弟だからといって特に意識することなくやれました。いろいろなことを少しずつ微調整しながら、キャラクターはこうだよねっていうディスカッションをしつつ、リハーサルの過程では監督がいなかったので、あんまり決めすぎないように、2人で作りながらも余白を残して楽しんでいったっていう感じです」と振り返り、弟の絢斗は「初めて兄貴と共演したので最初は照れましたけど、それはすぐになくなりましたね。セリフの量が多いので、買い物行く時も台本を手放せなかったですし、寝る時も枕元に置いて朝起きてもお風呂の中でもトイレの中でもセリフのことで頭グルグルしていました。無事に終わってよかったです」と笑顔を見せる。

また、リモートでのドラマ収録について瑛太は「画面越しに監督とディスカッションをしながら進めたのですが、リモートで打ち合わせや衣装合わせを重ねていくうちに、お会いはしてないけれど信頼感が結ばれていくという感覚がすごく新鮮でした。今、こんな大変な状況の中だけれど、やっぱりお芝居をするのは楽しいなということを感じました」と語り、絢斗も「視覚から入ってくる情報も、場所も、普段の撮影と違うなって思いましたし、スタッフさんが周りにいないっていうのもやっぱり不思議でした。でも、スタッフの方達と、何分割かで見てる(リモート打ち合わせの)画面の中でお会いするというのは新鮮でよかったです」と新たな試みを楽しんだことを明かした。

そして、瑛太は「兄弟姉妹夫婦という、実際の関係性が濃い2 人がお芝居をするので、その2人の関係性を見るという面白さはあると思います。それと、坂元さんの本が素晴らしいので、本当に見ていただきたいです」とアピールし、「僕も同じです」と続いた絢斗は、「3話・4話の内容はまだ知らないので、そこは視聴者として楽しみにしている部分もありますが、撮影が楽しかったので、ちょっと今終わってしまって寂しいです」と名残惜しさを語った。