生命保険大手4社が減収

外貨建て保険の販売振るわず

©一般社団法人共同通信社

 生命保険大手4社の2020年3月期連結決算が28日、出そろった。外貨建て保険の販売が振るわず、売上高に当たる保険料等収入は4社全てが前期に比べて落ち込んだ。日本生命保険は前期比5.8%減の5兆7193億円となった。

 外貨建て保険は米国債などで運用し、利回りが海外金利に連動する金融商品。新型コロナウイルスの感染拡大や米中貿易摩擦の激化により、各国は経済失速の回避を狙い、金利引き下げといった金融緩和に踏み切った。外貨建て保険の利回りも低くなり、商品としての魅力が薄れた。

 生保各社は感染拡大防止のために対面営業を自粛している。