槇原敬之に寄せられる賛否の声「責任は重い」「マッキーを信じたい」

©株式会社日本ジャーナル出版

(C)まいじつ 

覚醒剤取締法違反と医薬品医療機器法違反の罪に問われた、シンガー・ソングライター槇原敬之被告の裁判が6月17日に開かれるという。槇原被告は2018年、当時住んでいたマンションの一室で、覚醒剤などを所持していたとして今年2月に逮捕され、3月に保釈されている。

槇原被告は1999年にも覚醒剤の所持と使用で逮捕起訴され、懲役1年6カ月(執行猶予3年)の有罪判決を受けた。当時は「法を犯すことの重大さを痛感いたしております」「今後は絶対にこのようなことを起こさないと堅くお約束します」と話していただけに、今回の逮捕に世間からは呆れる声が多く上がっていた。

初公判は東京地裁で開かれ、即日結審する見込みだという。

「『どんなときも』聞いてすごく元気になった…」

裁判についてネット上では、

《二度と表舞台に出てこなくていい。最近やってないとか関係ない。世間を騙し続けた責任は重い。執行猶予がつくだろうが引退してほしい》
《寂しいですが、やっぱりやめられなかったんですね。検査では出てないけど世間は信用しないでしょ。でもきっと数年後には復帰してるんでしょうね》
《もう生涯やめられない。廃人だよ。引退した方がいい》

などの厳しい声が。しかし一方で、槇原被告の復活を心待ちにしている人も多く、

《心機一転、頑張って、いい曲作ってほしい!》
《朝からマッキーの『どんなときも』聞いてすごく元気になった…。早く復活してほしい!》
《罪は罪として、否定的な意見があることは理解できる。でもやっぱりファンとしてはマッキーを信じたい。また曲聴きたいし、ライブも行きたい》

などの声も上がっている。

覚醒剤で二度目の逮捕ということで、槇原被告にどのような判決が下されるのか、またどのような証言をするのかも注目される。