りゅうちぇるさん、黒木華さんらがチャリティーの読み聞かせ。「こんな時こそ、物語の世界観を」【新型コロナ】

©ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社

ラプンツェル、三匹のこぶた、ごんぎつね・・・。

休校や外出自粛など、新型コロナウイルスで生活環境の変化を余儀なくされた子どもたちに向け、著名人がオンラインで物語を届けるキャンペーンが始まった。りゅうちぇるさんや渡辺直美さん、広瀬すずさんなど74人の著名人が、自選した児童書を朗読する。

キャンペーンは、新型コロナで不安を感じている子どもたちに、気持ちが前向きになるコンテンツを届けたいと、俳優のジェニファー・ガーナーさんらが発起人となって始めたのがきっかけ。日本でも、セーブ・ザ・チルドレンが「物語の魅力と世界観を楽しんでほしい」と企画した。

キャンペーンでは寄付金も募っている。集まった寄付金は、新型コロナウイルスの影響を受ける子どもや海外の緊急支援などに充てられる。

読み聞かせの動画は、セーブ・ザ・チルドレンのインスタグラムとFacebookで公開。5月28日時点で26人分の動画を見ることができ、6月末まで順次増やしていく。

キャンペーンに参加する著名人は以下の通り。(敬称略、順不同)

片岡愛之助、尾上松也、藤原紀香、岸谷五朗、別所哲也、宮沢りえ、

木村多江、黒木華、仲里依紗、神木隆之介、石田ひかり、井浦新、小関裕太、

渡邊圭祐、吉沢悠、須藤理彩、恒松祐里、山田杏奈、甲斐翔真、阿部純子、

麻生かほ里、田中千絵、きづき、渡辺直美、紗栄子、りゅうちぇる、

渡辺満里奈、遼河はるひ、大久保佳代子、辺見えみり、つるの剛士、

三浦優奈、冨永愛、佐田真由美、清川あさみ、

内田恭子、馬場典子、山本舞衣子、

森麻季、小川航基、長谷川唯、乃木坂46、

佐藤可士和・悦子、八代亜紀、黒木瞳、南果歩、鈴木保奈美、寺島しのぶ、

柴咲コウ、長谷川京子、鶴田真由、広瀬すず、広瀬アリス、新木優子、

大政絢、池田エライザ、鈴木杏、中田クルミ、森口瑤子、紅ゆずる、

美弥るりか、藤原しおり、山田優、富岡佳子、水原佑果、

平原綾香、三浦祐太朗、江上敬子、近藤くみこ、LiLiCo、下野紘、松岡禎丞、

青山祐子、高橋尚子 他