間隔空けて一般質問 県議会 幹部や議員 人数絞って質問や答弁

©株式会社上毛新聞社

 新型コロナウイルスの感染防止のため、群馬県議会は28日、議場に入場する議員を半数に絞り、席の間隔を空けて一般質問を行った=写真

 午前と午後の2班に分け、本会議の成立に最低限必要な25人が入場。議場に入らない議員は控室のテレビなどで議論の経過を追った。質問時間は通常の65分から45分に短縮。県側出席者も知事や副知事1人、答弁する幹部らに限定した。