NY株反落、147ドル安

米中対立の激化を懸念

©一般社団法人共同通信社

ニューヨーク証券取引所のトレーダー=28日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】28日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日ぶりに下落し、前日比147.63ドル安の2万5400.64ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は43.37ポイント安の9368.99と反落した。米中の対立激化への懸念が相場を押し下げた。

 トランプ米大統領が29日に中国に関する記者会見を開くと伝わると、引けにかけて売りが強まった。この日は、米国の経済活動再開への期待から上昇幅が200ドルを超える場面もあった。

 銘柄別では、ソーシャルメディアを運営するフェイスブックやツイッターが下げた。