ユーロ堅調、リスク選好改善で=NY市場

©ロイター

[ニューヨーク 28日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ユーロが対ドルで上昇。リスク選好が改善する中、欧州委員会が提案した新型コロナウイルス復興基金案が引き続き支援材料となった。

ユーロ/ドルは0.57%高の1.1066ドル。過去3日間では1.6%上げた。

マネックス・ヨーロッパのFXアナリスト、サイモン・ハービー氏は、世界的なリスク選好の改善がユーロを押し上げたと指摘。コロナ復興基金については、官僚的な横やりが入るのは避けられないとし、ユーロのボラティリティーは高止まりが予想されると述べた。

ユーロのインプライド・ボラティリティーは8%超と1カ月ぶりの高水準を付け、予想外の値動きを織り込んだ。

米投資会社パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)の信用アナリスト、ニコラ・マイ氏は、コロナ復興基金について、イタリアなどの新型コロナウイルスの打撃が大きかった国などにとって債務の軽減額はごくわずかとなる見込みであり、大きな効果をもたらすものではないと述べた。

経済指標では、23日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)が212万3000件と、前週の244万6000件(改定)からは鈍化したものの、10週連続で200万件を上回り、経済活動の一部再開後も新型コロナウイルス流行の影響が続いていることが鮮明となった。

ドルは通貨バスケット<=USD>に対し0.37%安の98.546と約2カ月ぶり安値。

ドル/円 NY終値 107.63/107.66

始値 107.75

高値 107.81

安値 107.58

ユーロ/ドル NY終値 1.1076/1.1079

始値 1.1006

高値 1.1093

安値 1.1001