来年に限り「山の日」8月8日に

五輪特措法を閣議決定

©一般社団法人共同通信社

 政府は29日の閣議で、東京五輪の混雑回避や警備の円滑化のため、来年に限り「山の日」を8月11日から8日に移動させる五輪特別措置法改正案を決定した。当初案は長崎原爆の日と重なる8月9日としていたが、自民党会合で「平和への祈りをささげる日を祝日にするのか」と異論が出たため修正した。

 橋本聖子五輪相は閣議後の記者会見で「今国会はかなり日程がタイトになってきたが、来年の東京大会成功に向けて一日も早い成立を目指す」と述べた。

 来年8月8日は東京五輪閉会式が予定されている。日曜のため、9日が振り替え休日になる。