北九州の感染急増「強い危機感」

知事、休業解除は早く決めたい

©一般社団法人共同通信社

記者会見する福岡県の小川洋知事=29日午前、福岡県庁

 北九州市で新型コロナウイルスの感染者が急増していることについて、福岡県の小川洋知事は29日、定例記者会見で「非常に驚き、強い危機感を持っている」と述べた。県内の休業要請を、予定通り6月1日に全面解除するかどうかは「できるだけ早く決めたい」とした。

 北九州市によると、4月30日~5月22日は感染確認がゼロだったが、23~28日に計43人の新規感染が判明。28日は21人と急増し、市は医療機関2カ所でクラスター(感染者集団)が発生したとみている。