北海道、6月から休業要請解除へ

外出自粛は継続

©一般社団法人共同通信社

 北海道が、新型コロナウイルス対策でパチンコ店やライブハウスといった遊興施設などに対して行っている休業要請を、6月1日に全面解除する方針を固めたことが29日、関係者への取材で分かった。外出や他都府県との往来などは6月18日まで「慎重な対応」を求め、自粛要請を実質的に継続する。鈴木直道知事が29日に発表する。

 ナイトクラブなどの接待を伴う飲食店やライブハウスには、より慎重な感染対策を要望するとしている。また、イベントの実施は6月18日まで、屋内は100人以下、屋外は200人以下と人数を制限してもらう。