鷹・王貞治球団会長が甲子園中止に無念の心境語る「こんなにも寂しいものなのか」

©株式会社Creative2

ソフトバンク・王貞治球団会長【写真:藤浦一都】

「高校野球が中止になっちゃうなんて考えられなかった」

ソフトバンクの王貞治球団会長が29日、夏の甲子園が中止になったことを受けて改めて無念の心境を口にした。この日、オンライン会見で報道陣に対応し「高校野球が中止になっちゃうなんて考えられなかった。選手たちはもちろん老若男女、野球やったことある人もない人も期待していたと思う。あるべきないものがないというのがこんなに寂しいものなのかと思いました」と語った。

現在は各都道府県の高野連が代替大会の開催を検討している。甲子園への道が閉ざされることになった高校球児の心情を慮った上で「受け止めて次に進んでいくために生かしたいですね。出場できなくなった学校の生徒さんは残念ですけど、誰も望まなかったこと。新たな気持ちを持って野球に取り組んでいけると思いたいですね」と話していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)