「古田さんはかなり先を行く監督だった」 元燕助っ人が成功できた4つの理由

©株式会社Creative2

家族と写真に収まる元ヤクルトのアダム・リグス氏【写真:本人提供】

元ヤクルト・リグスインタビュー後編

ヤクルトで2005年から4年間、強打の内野手として活躍したアダム・リグスさんが、Full-Countのインタビューに応じた。本塁打を放った際にお笑い芸人・猫ひろしの1発ギャグ『ニャー』のものまねを繰り出すのが“お約束”で人気を集めたリグスさんが、日本での全てを明かした。インタビュー後編をお届けする。

「『ニャー』は、ヤクルトのチームメートたちが『ラミ(当時の同僚で現DeNA監督のアレックス・ラミレス外野手)みたいなパフォーマンスをした方がいい』と言うので、『何か僕に合うのを選んでくれ』と頼みました。確か、最終的にはポチ(城石憲之内野手=現日本ハム2軍内野守備コーチ)が選んでくれたんだと思います。初披露は千葉マリンスタジアムでのロッテとの交流戦だったと思います。チームメート全員爆笑。あれは楽しかった」と振り返るリグスさん。

「神宮球場で猫ひろしさんに会えた時には、『ニャー』をやってよかったと思いました。彼はとてもおもしろくて、一緒にいる間ずっと笑わせてくれました」と続けた。

2005年は若松勉監督、06年と07年は古田敦也プレーイングマネジャー、08年は高田繁監督に仕えた。「若松監督の下でプレーするのも好きでしたが、1番好きな監督は間違いなく古田さんです。とてもよく面倒を見てくれて、私にとって本当に特別な存在です。私を単なる1選手でなく、1人の人間として気にかけてくれました。彼はとても頭が良いので、どんな道に進んだとしても成功したと思います」と絶賛する。

2006年は“バントをしない2番打者”としてチーム最多の39本塁打を量産

リグスさんは06年、その古田監督の下で“バントをしない2番打者”としてチーム最多の39本塁打を量産。「今でこそ、エンゼルスがマイク・トラウトを2番に置くなど、強打者を2番に起用するチームが増えましたが、古田さんは当時、かなり先を行く監督でした。彼は私に『打順は気にせず、いつも通りプレーしていい』と言ってくれました」と明かす。

「その年のソフトバンク戦だったと思いますが、同点で迎えた終盤、青木(宣親外野手)がシングルヒットを打った後、私に打順が回ってきました。通常、この状況なら2番打者は送りバントをしますが、古田監督のサインは『打て』。私は右中間にツーベースを放ち、ガン(岩村明憲内野手)とラミも続き、ビッグイニングとなって試合に勝ちました」。

実際、リグスさんはヤクルトでの4年間で、犠打は1本も記録していない。新たに2年契約を勝ち取って迎えた07、08年は、30代中盤に差し掛かっていたこともあり、鼠径(足の付け根)ヘルニアの手術を受けるなど故障に悩まされ続け、不本意なシーズンを送った。

「私の故障に慢性的なものはありませんでしたが、キャリアを通して常にたくさん練習し、可能な限り一生懸命プレーしたので、プロ入りして15年で私の体は相当すり減っていたのです」

日本で成功できた理由を尋ねると、「4つあると思います。幸運にも若松監督、古田監督の下でプレーできたこと。素晴らしいチームメートたちが私を迎え入れてくれたこと。スワローズファンが良い時も悪い時も常に支え応援してくれたこと。大変だった来日当初から、ラミが面倒を見てくれたこと」と列挙したリグスさん。インタビューの最後は、日本のファンへのメッセージで締めくくった。

「日本の皆さんの前でプレーできた4年間は、常に感謝の気持ちでいっぱいでした。私にとって、皆さんは間違いなく世界で最高のファンです。皆さんのおかげで、私にとって日本はかけがえのない特別な場所になりました。またお会いできる日を楽しみにしています。ニャー!」

(取材協力・B-creative agency 亀田恭之)(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)