台湾の美女モデルにファン釘付け? 抜群のプロポーションからノーバウンド投球

©株式会社Creative2

台湾でモデル、女優として活躍するユミ・チウさん(画像はスクリーンショット)

台湾でモデル、女優として活躍するユミ・チウさんの始球式

【始球式名場面番外編】
新型コロナウイルスの影響で開幕が延期となっていたプロ野球は公式戦開幕が6月19日に決まった。ファンにとってもどかしい時間はあと少し。開幕までの残りわずかな時間、過去の名場面を振り返って気を晴らしてみてはいかがだろう。過去に数々の有名人が登場した始球式動画の番外編として海外で行われた始球式の様子を紹介したい。

2014年8月8日、台湾・台中市のインターコンチネンタル野球場で行われた台湾プロ野球の義大ライノズ(現在の富邦ガーディアンズ)対統一ライオンズの一戦。この試合で始球式を行ったのは台湾でモデル、女優として人気のユミ・チウさんだった。

台湾のアパレルメーカー「Life8」のモデルを務めていたチウさん。この試合はこの「Life8」のプロモーションゲームとして行われ、始球式に登板することになった。

チウさんはトレーニングウエアのスポーツブラに、デニムのショートパンツという出で立ちで登場。妖艶な動きから、大きく振りかぶってボールを投じると、ボールはノーバウンドで捕手のミットへと収まった。

見事なノーバウンド投球にチウさんは両手を掲げてガッツポーズし、その場で何度もジャンプ。スタンドからも大きな拍手が送られ、弾けんばかりの笑顔でそれに応えてファンを魅了していた。やや露出度高めの衣装での始球式。それも日本とは異なるプロ野球文化だろうか。(Full-Count編集部)