普通車ライン6月も一時停止へ 三菱自水島、軽生産は維持

©株式会社山陽新聞社

三菱自動車水島製作所

 三菱自動車(東京)は29日、水島製作所(倉敷市水島海岸通)の普通車組み立てラインを、6月3日から12日まで停止すると発表した。新型コロナウイルスの影響で世界的に需要が減少しているため、減産を続ける。

 同ラインは、欧米向けが中心のスポーツタイプ多目的車(SUV)「RVR」などを生産。感染拡大を受け、4月以降は一時停止を繰り返してきた。5月22日からは従来の2交代制を縮小し、昼勤務だけで稼働している。軽自動車の組み立てラインは2交代制での操業を維持する。

 岡崎製作所(愛知県岡崎市)と子会社のパジェロ製造(岐阜県坂祝町)は、いずれも6月2日から12日まで生産を止める。