3割引きで県産品が買える! 県がキャンペーン実施 飲食先払いでプレゼント企画も

©株式会社長崎新聞社

「がんばらんば長崎うまかけん!長崎プロジェクト」のロゴ(県提供)

 長崎県は、新型コロナウイルス感染拡大による消費低迷にあえぐ県内の物産事業者や飲食店の応援キャンペーンを6月1日から始める。「がんばらんば長崎うまかけん!長崎プロジェクト」と銘打ち、総額は2億円規模。オンライン物産展と、飲食の先払いに対する県産品プレゼントの2本立てとなっている。
 オンライン物産展「長崎よかもんキャンペーン」は、県物産振興協会が運営する通販サイト「e-ながさき旬鮮市場」と県漁連の「長崎漁連ウェブショッピング」で商品を購入すると、3割引きになる。1回の購入金額(割引後)が2千円以上になれば送料無料。6月中旬ごろには楽天市場にも「長崎県応援WEB物産展」が開設される予定。
 もう一つの「長崎よかみせキャンペーン」は、前売り食事券販売サイトで県内飲食店の券を買えば、購入金額に応じた県産品がもらえる。対象サイトは長崎市の起業家支援会社connne(コンネ)が運営する「みらいの食券」と福岡市のベンチャー企業Gigi(ジジ)の「さきめし」。1回3千円以上の購入が条件。購入後2週間から1カ月で、農水産加工品や菓子、酒など購入金額の3割に相当する詰め合わせが届く。中身は選べない。
 両サイトで購入すると券が発行され、飲食店に先払いで入金される。購入者は店を利用する際に券を提示する。
 どちらのキャンペーンも来年2月まで。問い合わせは県物産ブランド推進課(電095.895.2621)。