プロ野球がいよいよ開幕に向け動きだす! 阪神タイガースの練習試合を甲子園球場から生中継!!

©株式会社東京ニュース通信社

新型コロナウイルスの影響を受け、開幕が大幅に遅れていたプロ野球の開幕が6月19日に決定。当初開幕予定だった3月20日から約3カ月遅れで、すべてのプロ野球ファンが待ちに待った“球春”が到来する。開幕に先立ち、6月2日からは約2週間にわたり練習試合が開催される。GAORA SPORTSでは、阪神甲子園球場で行われる阪神タイガースの練習試合を生中継! 6月3日(午後1:55)の広島東洋カープ戦、5・6日(ともに午後5:58)の福岡ソフトバンクホークス戦、計3試合の熱戦の模様を届ける。

球団創設85周年となる阪神は、2005年以来15年ぶりのリーグ優勝、そして1985年以来35年ぶりの日本一を目指す。昨季、シーズン終盤に驚異の粘りを見せ、残り6試合を6連勝して、クライマックスシリーズ進出を果たした阪神。今季も昨季の盗塁王でセ・リーグ新人歴代最多安打を記録した近本光司、故障で離脱したものの打率リーグ3位となった糸井嘉男ら、若手とベテランの融合により、ペナント奪取を狙う。

そんな中で注目なのは、7月に40歳となる藤川球児だ。昨季まで日米通算243セーブを挙げ、名球会入りの条件となる250セーブまで残り7。昨季もシーズン途中からのクローザー復帰で16セーブをマークするなど、今季の記録達成は確実視される。松坂大輔を筆頭に名選手がそろう“松坂世代”の1人だが、名球会入りした選手はおらず、達成すれば藤川がこの世代初の名球会選手となる。

そんな見どころいっぱいの2020シーズンも無観客での開幕となり、この練習試合も観客は入れずに行われる。とはいえ、甲子園で試合が行われるのは3月のオープン戦以来、実に約3カ月ぶり。野球を見られる喜びをかみ締めるとともに、聖地にこだまする打球音など、無観客ならではの、野球本来の音を楽しんではいかがだろうか。