HIKAKIN、はじめしゃちょー、デカキンがマツコのための動画企画をプレゼン!?

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で5月30日に放送する「マツコ会議」(土曜午後11:00)では、先週に引き続き、日本を代表する動画クリエーターのHIKAKINらがマツコ・デラックスの動画をプロデュースする。

同番組は、話題となっているディープな場所と中継を結んだ会議を開き、総合演出のマツコが、その知られざる内容を深掘りするバラエティー。先週は、自粛生活中に感じた本音を語り合ったマツコとHIKAKIN。そんなHIKAKINは「仲のいい2人を呼んでいる」と、個人のYouTubeチャンネル登録者数は867万人を誇る動画クリエーターのはじめしゃちょーと、“大食い動画”やHIKAKINにそっくりということで話題のデカキンを紹介。登場早々に「デカキンさんは(見た目が)中堅女芸人みたい」とマツコにツッコまれる。元々はくりぃむしちゅーの上田晋也に憧れるお笑い芸人だったというデカキン。そんな彼が、お笑い芸人の道を諦めるきっかけとなった、“ある事件”についてマツコが掘り下げていく。

はじめしゃちょーのことはかなり前から知っていたと明かすマツコ。昔、彼の映像をよく見ており、“いじめたくなる小動物”みたいにかわいいと思っていたそうだが、「(今は)大人になっちゃってお金も手にしたらつまんない顔になっちゃった」とチクリ。現在も大学時代から暮らしている静岡で活躍中というはじめしゃちょーに、なぜ東京に出てこないのか、その理由に迫るべく切り込んでいく。

先週、番組の終盤にはマツコとHIKAKINのコラボ動画の企画が浮上し、「自分はYouTubeには向いていない」と語っていたマツコに対し、HIKAKINは「(マツコは)ネットと相性良さそう」と太鼓判を押していた。そこで、3人がマツコのYouTube動画の企画内容をプレゼンすることに。マツコの体格を生かした企画や、一緒にコラボしてやってみたい動画など、それぞれの個性あふれる企画を提案。果たして、マツコが選ぶYouTube企画とは!? また「テレビは怖い」というデカキンの意見を皮切りに、YouTubeとテレビの出役としての相違など、似ているようで似ていない、インターネット動画業界とテレビ業界における感覚についても真剣トークを繰り広げる。