本当に営業中?な見た目だけど...「鬼滅全巻そろってます」 まさかのギャップで話題「多摩書房」に行ってみた

©株式会社ジェイ・キャスト

東京都青梅市にある書店「多摩書房」がツイッターで注目を集めている。無人駅であるJR二俣尾駅のすぐ近くに店を構える、小さな本屋だ。

そんな本屋がなぜ突如として話題となったのか。こちらの写真を見てほしい。

ギャップがすごい(画像はすべて編集部撮影)

何かあったら崩れてしまいそうな木造の建物。看板にはかつて主婦の友社が刊行していた月刊誌「主婦の友」の名前と大きく書かれている。店名は今にも消えそうだ。店全体にかなり年季が入っていて、失礼ながら、本当に営業しているのか不安になる。

しかしその一方で店頭には、

「コミック鬼滅の刃 全巻そろってます」

と貼り紙が。

「鬼滅の刃」は2020年5月18日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)で最終回を迎え、アニメ化もされている人気漫画。それが、刊行済みの分は全巻揃っているとは...。うまく時流に乗り、読者のニーズをくみ取っている。

この外観と貼り紙のギャップがツイッターで話題となり、

「え マジでこれでやってるんすね」
「すごい!でも地震とか台風とか心配ですね」
「てっきり古本屋さんかと」
「これは雰囲気ありますね。『鬼滅の刃に出てます』と書かれた方が納得出来るw」

といった声が寄せられている。

鬼滅の刃に「すごい反響」

Jタウンネットは28日、多摩書房を訪れ、店主の萩原正雄さん(71)を取材した。

多摩書房

千代田区のオフィスから電車で約1時間半。青梅街道沿いに建つ多摩書房は写真で見るよりも古さを感じさせず、山々の景色にうまく馴染んでいるように思われた。

店頭には、やはり「鬼滅の刃 全巻あります」の貼り紙が2枚。店内はラジオが流れ、木造の建物も相まって昭和の雰囲気を感じさせる。しかし、レジ下の棚にはピカピカの新刊「鬼滅の刃」がずらりと並び、けしてレトロなだけの本屋ではないことが分かる。

圧倒的「鬼滅の刃」

店主の萩原さんによれば、最近の多摩書房ではコミックは置いていなかった。「子供はコンビニとかで買うから、置いても売れないと思った」という理由からだ。

しかし1か月ほど前から「鬼滅の刃」を求めてお客さんがやたらと来るように。

「なんなんだと思っていたら今爆発的に売れている漫画で...。お客さんは『どこの書店にもないです』と言ってたね。集英社に毎日電話をして全巻納品しました」

漫画は全巻3冊ずつなど少しずつしか納品できなかったが、ある程度溜まってきたところで貼り紙を出した。貼り紙はネットで話題となり、埼玉から訪れる客もいたという。

「自粛中の子供用に全巻買ってく人が多かった。すごい反響で、珍しくコミックでいい商売ができたと思う」

萩原さんは「鬼滅の刃」の影響をこのように話す。漫画は1か月で約40セット売れたという。

なぜ看板に「主婦の友」?

多摩書房が営業を始めたのは1963年。中学卒業後、父の事故をきっかけに後を継いだという萩原さんは夜間学校に通いながら店を経営した。

「当時は本屋があまりなくて、子供も多かったしいろいろな本が売れたよね。子供から大人まですごかった」

建物は創業時のまま、客足が増えるとともに店内の面積を拡張してきた。一番売れていた時期を聞みると「私が20~30歳(1970~80年)のころかな」としていた。

萩原正雄さん

結婚後は妻と一緒に、道路を挟んで向かいに建っているクリーニング屋とともに書店を経営している。午前は図書館などに本を納品、午後は店番をする生活を何十年も続けている。

萩原さんによれば、現在、青梅市にある本屋は3軒。多摩書房の開店時間は9時から17時。日曜日と祭日を除いて営業している。

店内には雑誌や児童書、青梅市にまつわる本など様々なジャンルの書籍が並ぶ。客の要望を受けて本を発注することもあるという。最近の客足は「鬼滅の刃」の影響で増えているが、普段は1日に数人の客が訪れる程度だという。

なぜ主婦の友?

ところで、気になるのが店頭の看板。雨風にさらされ色あせているが、出版社の「主婦の友」の文字がはっきり見える。なぜ店名ではなく「主婦の友」なのだろうか。

「店で『主婦の友』を数百冊と売ってたんですよ。昔はそういう看板をただでもらえました。小学館の看板もあります」

店の外には、たしかに小学館の看板が立てかけられてる。講談社の週刊誌「週刊現代」と月刊誌「with」が裏表になった小さめの看板は現在も掲げられている。

出版社からもらった看板だった

萩原さんは今後の経営について、

「あと何年やれるか分からない。もう辞めたいくらいなんだけど、今は本屋さんがなかなかないし、できる限り続けたいね」

と話す。後継者はいるのか聞いてみると、「子供はいるけど仕事して孫もいるし、継がせられないね」と話していた。

(Jタウンネット編集部 笹木萌)