【住民課栄養士がおすすめする】心身の疲れを癒すレシピ

©株式会社VOTE FOR

■鶏レバーの南蛮漬け
レバーや人参は、ビタミンAやビタミンB1を豊富に含み、これらの成分は目の疲れを緩和させる効果が期待できます。

◆材料(2人分)
・鶏レバー 200g
・牛乳(臭み取り用) 200ml
・黒こしょう(下処理) 少々
・塩 少々
・片栗粉 大さじ2
・玉ねぎ 50g
・人参 50g
・ピーマン 1個

●漬けダレ
・しょうゆ 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・みりん 大さじ3
・酢 大さじ3
・サラダ油 大さじ4

◆作り方
(1)鶏レバーは、5mm幅に切り、ボウルにレバーと牛乳を入れてラップをし、冷蔵庫に入れ、20分ほど漬ける。
(2)ボウルに漬けダレの調味料を入れて混ぜ合わせ、ラップをし、500wの電子レンジで1分加熱し粗熱をとる。
(3)玉ねぎは薄切り、人参とピーマンは細切りにする。
(4)流水で洗い水気をよく切った(1)に塩こしょうを両面にふり、片栗粉をまぶす。
(5)中火で熱したフライパンにサラダ油をしき、(4)を入れて、5~6分中火で揚げ焼きにする。
(6)(2)に(3)と(5)を加え10分ほど味をなじませたら器に盛り付ける。

上段:1人分の栄養価
(下段:50~69歳 身体活動レベル「普通」の男性1日の栄養必要量)

★成人女性の塩分は、1日6.5g未満。高血圧の方は、6g未満が目標です。